効率的な勉強が出来る学習塾選び方~私の塾チョイス

塾へ通う

塾を半田で見つけたい家庭に必見!プロの講師が、生徒の苦手を得意に変えてみせます!受験突破の近道になりますね。

中高一貫校に入ったら

中学受験を終えてホッと一息つくと、すぐにまた第1回目の中間試験がやってきます。 ここでとった成績が、そのあとの6年間の成績と大きな相関関係があるのだ、と言われています。 学校では、大抵塾はいらない、と言われます。それは、一部の子供にとっては正しいでしょう。けれど。その言葉を鵜呑みにして中学時代を過ごすと、痛い目に合います。 塾が本当にいらないのは、何でも素早く終わらせて、暇で仕方がないからもう一度同じ所をおさらいするようなタイプの子です。こういうタイプには余計な手出しはいりません。子供の方から塾に入りたい、と言ったらその時いれてあげればいいことです。 問題は、ほとんどの、普通に遊び好きでのんびりした子です。

先取りをすることで学校の授業が復習になる

本当に用意周到な親は、受験が終わった直後から子供を塾に入れます。これが、実は一番賢い、しかも楽なやり方なのです。 先に一通り中2くらいの範囲まで終わらせておくと、特に英語では、学校の授業は本当に楽に感じます。たぶん単語の練習くらいで大丈夫でしょう。そして、春休み中の塾も、それまでのハードなスケジュールとは根本的に違うので、拍子抜けするほど楽です。こうして、楽な道を選びつつ、将来の大学受験に向けての先行先取りはもう始まっているのです。 もし、将来有名国公立大学に子供をいれたいと思うならば、最初が肝心です。 せっかくついた勉強のくせを失わないようにしつつ、無理せず、週いちくらいのペースで塾通いを始めてはどうでしょうか。

PICK UP

  • 幼稚園教諭の目指し方

    幼稚園教諭になるためには幼稚園教諭免許を取得している必要があります。大学や専門学校の指定保育者要請施設で教育課程を終えると自動的に免許を取得でき、一般大学で2年以上在籍していた方でも受験資格が与えられます。

  • 個別指導の魅力

    個別指導の塾や予備校は数多く存在し、様々な方が通っています。月謝は高い分集中的に学ぶことが出来るため受験直前などに利用するケースが多く、苦手分野を潰したりすることが可能です。