効率的な勉強が出来る学習塾選び方~私の塾チョイス

受験で求められること

柔軟な発想が求められる

子供の将来を考えると、選択肢を広げることができるようにするために中高一貫校で高度な教育を受けさせたいと考える保護者も大勢います。中学受験は、大学入試よりも過酷と言われるほどで、小さなお子様には辛い時間になります。しかし、中学受験を通して精神的にたくましく成長する事もできるようになるので学力の向上以外にも多くの面で成長することができます。中学受験では柔軟な発想によって解放に導くことができるかということが大きな要素になります。算数では特にその要素が顕著で、既存の公式を使って問題を解くのではなく規則性やルールを制限時間内に見つけて解法に導くことが求められます。答えの正誤も大切ですが、難関校ではプロセスも加味しています。

論理的に説明する力を養う必要がある

中学受験に臨む場合、小学校の授業内容だけでは対処する事が難しいのが現実です。数学では柔軟な発想、そして国語は論理的かつ正しく内容を解釈することができているかと言うことを判断されます。難関校の受験問題では、センター試験レベルの国語問題が出題されます。子供たちが知らない単語や言葉が多く出題されますが、惑わされることなく本文を論理的に理解することができているかを判断されます。いわゆる、受験テクニックが必要になるので中学受験専門の学習塾などに通学してテクニックを学ばなければ対処する事が難しいです。また記述問題にも対処する事ができるようにしなければならないので、正しい文法表現を用いて論理的に説明する事ができる方法も学ぶ必要があります。